湯田塾

いろいろなことをやっているブログです。

理論化学超特急丸わかり講座~全12回

物質の3態(個体・液体・気体)~理論化学超特急丸わかり講座③

投稿日:2020年5月21日 更新日:

物質の3態(個体・液体・気体)

物質の3態 個体・液体・気体 理論化学超特急

~すべての物質は個体・液体・気体の3態を取る~

原子同士が、目に見えるほどまで結合して巨大化すると、液体や固体になります。

しかしながら、温度を上げることで、気体にすることができます。

また、ものによっては、温度を上げないでも気体になったり、液体になったりします。

基本的に、すべての物質は、個体、液体、気体のいずれの状態も存在します。

窒素も液体窒素がよく実験に使われますね?
-196℃で窒素も液体になることができるんです。
さらには-210℃で凍らせることができます。

このようにすべての物質は、個体、液体、気体の状態を取ることができます。

これを物質の3態といいます。

物質の3態は常に変化している

物質の3態は常に変化しています。

たとえば、水ですが、水は30℃くらいでも、すべてが液体になっているわけではありません。

一部の水は気体になり、また、気体になった水は液体になったり。常に変化しています。

変化していないように見える状態を「平衡状態」といいます。

状態図~物質の3態は温度と圧力で決まる

状態図は、温度と圧力で物質が個体・液体・気体 3態のどれをとるかが分かり、物質の3態は温度と圧力で決まります。

温度と3態

個体と液体、気体は、結合が取れて、小さくなれば、気体になっていくわけです。

この様子は「運動エネルギー」で考えましょう。

全ての原子は動いています。原子が結合したものも動いています。

個体はこの動きが制限され、振動しているだけの状態です。

液体は、ある程度動けるようになった状態です。

気体は完全に自由に動ける状態です。

温度は、運動エネルギーに比例します。

温度が高いということは、運動エネルギーも高いです。

つまり、温度を上げていくことで、運動エネルギーも高くなり、結合する力を振りほどくくらい動けるようと、個体から液体、ひいては気体になっていくわけです。

圧力と3態

圧力は力を面積で割ったものです。

P (N/m²)

圧力が加わると、密度が濃くなり、目に見える様になります。

動いていたものが、動けなくなり、気体が液体、ひいては個体になるわけです。

逆に圧力が低くなると、動けるようなり、個体が液体、ひいては気体になることができます。

-理論化学超特急丸わかり講座~全12回

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

気体の状態方程式

気体の状態方程式PV=nRT~理論化学超特急丸わかり講座⑤

気体の状態方程式はPV=nRT~ 気体の状態方程式はPV=nRTです。 Pは圧力Vは体積nは物質量Rは定数(ある数字 という意味)(気体定数)Tは温度 気体は小さすぎて目に見えませんが、小さな粒子です …

ほとんどのものは水と混ざっている~理論化学超特急丸わかり講座⑥

ほとんど水と混ざっている ほとんどのものは水と混ざった状態で存在しています。 そのため水と粒子(個体・液体・気体)が混ざるとどうなるのかをみていきましょう。 水は水素結合している 水は水分子H₂Oが水 …

化学とは元素の追及。正体は原子

化学とは元素の追及。正体は原子~理論化学超特急 丸分かり講座①

さぁ、本日から理論化学超特急丸わかり講座が始まります! コロナウイルスの影響で塾や学校に行けず、勉強に困っている方の一助となれば幸いです。 本日は第1回目「化学とは??」 化学とは元素の追及。正体は原 …

物質量モルHP用

物質量1(mol)は6.02×10²³(個)の粒子の集まり~理論化学超特急丸わかり講座④

物質量1(mol)は炭素12gが測れる計量カップ中の炭素原子の個数6.02×10²³(個) 物質量1(mol)は6.02×10²³(個)の粒子の集まりです。 なぜこのような巨大な個数を1モルとして考え …

原子の形 分子か分子以外か

原子の形 分子か分子以外か~理論化学超特急丸わかり講座②

原子の形 分子か分子以外か 希ガス以外の元素は、原子のままではなく 分子か分子以外か で存在します。 希ガス以外の元素は原子のままでは不安定(くっつきやすい、バリアーが弱い)なので、分子か分子以外の形 …